時間が限られている主婦にも選択肢がある

毎日フリーな時間がある主婦ですが、このフリーとなる時間が毎日同じ時間であるとは限りません。時には親戚の冠婚葬祭などに振り回されたり、子供が病気になって予定外の時間に作業が集中したりと、常に忙しい状況があるのです。

このような主婦の場合は収入を得るチャンスが大幅に狭まってしまいます。ある程度の時間をパートタイマーとして仕事をするように考え方を変えることも可能なのですが、その仕事によって新たな問題がいくつも出てくるのです。

自宅を空けて作業することが有効であるかどうかがポイントです。子供を預けたりするためにお金が発生する可能性もあるので、外に出て主婦が働くというのは様々なコストを計算して、有効な事であるか吟味していくことが大事になるのです。

そうなってくると、限られた時間の中で主婦の副業をこなしていくことが、最も重要であるお金を増やす方法と考えられます。その主婦の副業も様々な形態があるので、自分で空いてる時間にやることが可能である作業を選んでいきます。

最近はアウトソーシングをしている大手の会社がいくつもあるため、その作業をまとめて作業スタッフを募っている会社がいくつもあります。その会社に登録して自分の好みの作業を選んでいくことが可能なのです。

ですが、自分の強みを生かした仕事を選ぶことが大事であり、ネットに接続して情報を集計して文章を入力していくようなビジネス系の仕事があまり得意でないのであれば、単純な軽作業の仕事を選ぶべきです。

簡単な仕事なので誰でもできるし、慣れてくればテレビを見ながら作業を進めていくごともできるかもしれません。ただ、商品のパッケージなどの作業においてクオリティーが下がったのであれば、問題になるのでそのあたりの仕事の集中力を維持する事も大事なのです。

主婦の副業で有効になってくるのは、パソコンで文字を入力する作業が多いものを探すべきです。慣れてくれば文字打ちはどんどん早くなってくるので、時間が経過するにつれ収入も増える可能性が高まるのです。

ネットオークションでゴミを金にかえましょう

まだまだ景気回復は半ばで、各家庭にまで景気回復の恩恵は届いていないのではないでしょうか。
かといって、お金が儲かりそうな仕事を探して、ハローワークにいくのも、効率が悪くリスクが高いと言えるでしょう。やはりまずは副業をすることをおすすめします。
特におすすめなのはネット副業です。

ネット副業は今日の日本人の生活にぴったりだと思います。それはスマホの普及です。スマホがあれば、外出先からもネット副業がうまくいっているかどうかをチェックできますし、その場で作業することも可能だからです。ではネット副業をする時にどんな仕事を選べばいいでしょうか。

まずはネットオークションをすることをお勧めします。
断舎利という言葉がありますし、最近は片付けブームが起きていて、自分の身のまわりのいらないものを処分することがよしとされています。そして、その自分ではいらないと思う物をネットオークションでとりあえず売りに出してみることをおすすめします。あなたにとって高収入内職になるかもしれません。

ネットオークションは簡単に利用できます。
ネットオークションを運営しているサイトに会員登録をすれば、すぐに取引が可能になります。
デジカメで売りたいものの写真を撮って、サイトにアップロードをして、どんな商品なのかの説明文を書くだけで、すぐに売りに出せます。

コツとしては、きれいな写真を撮る事と、キャッチーな名前を付ける事などが挙げられます。
そして一番大切なのは値段設定ではないでしょうか。
価値が一般的に知られている物でしたら、1円と値段を付けても、競り合っているうちに、適正価格に落ち付きます。

しかし、これは一体いくらくらいだろうと言う商品の場合、出会いがしらの一人が買うような商品の場合は値段設定が大切になります。
それらしい値段をつけておくと、そうかそういう価値があるんだと買ってくれる場合があります。
また価値があるのに、安すぎる値段が付いていると偽物だと思われて値が付かない場合がありますので、そのあたりに注意をして、ネットオークションで儲けてください。

将来のことを考えながらの会社員の副業の重要性

高齢化が進む中で現役世代は、将来の生活を確保するために会社員の副業をして貯金をする事が大切です。将来にかけて高齢者に対する年金の支給額が増加している中で、今の30代から40代の世代は、年金を受け取れない可能性がある事も視野に入れておきます。一方で、今後にかけて国民年金や厚生年金の保険料は上がっていって、バブル期の経済成長がない限り可処分所得は将来に掛けて目減りする事は間違いがないです。
現行の法律では、きちんと納入していれば年金に関して全く受け取れないという事は記載されていないです。しかし、年齢が若ければ若いほど払い損となって、年金だけを頼りにしては今の高齢者のように豊かな生活は期待できないです。
近年は会社員の副業は多様化していて、工夫をすれば空き時間に手軽に収入を得ている仕事が増えています。本業として8時間の労働をしても、減った年金などの保険料を補填するために副収入を得られる会社員の副業は欠かせないです。
パソコンを持っていれば、会社の本業の仕事が終了した後にクラウドソーシングのサイトを利用して、入力の仕事を行う癖をつけることがこれからの時代に必須になるかもしれないです。プログラムなどの専門的な知識を持っていれば、様々なクライアントから仕事の依頼を受けて、本業より多くの収入を得るという意識を持ちます。
時間がある時に知人から仕事の紹介を受けて、自分のペースで出来る仕事を探す事も考えます。数時間程度の会社員の副業で良いので、本業とは別に1日に2千円から3千円程度の仕事を見つけて、月に少なくとも5万円程度の副収入を得られる努力をします。
最近のサラリーマンなどはローンや生活費などにお金を使っていて、貯金をしている人や貯金する額が少なくなっています。高齢になった時、現役世代の時に真面目に年金を納めていても年金を貰えない時代が訪れるという危機感を持つ事が重要です。老後の生活は少なくとも2千万円の貯金が必要なので、働けるうちに働く意志を持ちます。

女性向け副業は化粧品モニターがおすすめ

女性向け副業にはいろいろありますが、中でも女性にしか出来ないバイトである化粧品モニターがおすすめです。

化粧品モニターとはある企業にモニターとして行き、新しい化粧品を試して簡単なアンケートを記入する女性向け副業です。

報酬は負担軽減費という形で支給され、通常は参加1回あたり8000円(交通費2000円含む)程度です。
化粧品モニターは大抵1回では終わらず、2回から3回の参加となります。
なので計24000円も収入を得ることが可能で、とても高収入な女性向け副業なのです。

募集ですが、「治験サイト」というホームページで募集を行っています。
内容の詳細はそこで見れますので、安心して応募することが出来ます。
その1例をご紹介します。

手順としては事前検査2回と本検査を記入する1回の計3回に分けられています。
事前検査2回は2週間程度の間隔を空け、3時間程度で行われます。
そこで簡単なアレルギー反応のチェックや現在の肌状態のチェックを行い、「使用前」の情報を保存します。
それを2回行って精度を高め、今回の対象者の条件をクリアした人が次の本審査に進みます。
条件は募集時に公開されていますので、よほど当日の体調が悪かったりして普段の状態とは違うといった状態でクリアできない、という場合をのぞいてほとんどの方が通過されます。
もし本審査に通過できない場合は、これまで事前検査を受けた2回分が報酬となります。
(1回ごとに報酬は支払われます)

条件を通過した方は本審査でいよいよ化粧品のモニターとなります。
2回目の事前検査の1週間後に行われることが多いでしょう。
時間は事前検査と同じ3時間程度ですが、行う仕事が新しい化粧品を実際に使うという作業に変わっていきます。
化粧品はいろいろな場所に使いますので、グループとして手や腕、顔、フェイスラインなどに分けられます。
1回のモニターで複数のテストが行われますが、一人が行うテストとしては1つの化粧品のみになります。
そして使用が終わり、特定の条件下で放置して化粧品のノリがどう変わるかなどがチェックされます。
それを機械でチェックする作業が企業側がする作業、モニターがする作業に関しては、化粧品の使用感、肌へのノリ、そして実際の見栄えなど機械で数値化できない項目をモニターが5段階評価や文章で記入していきます。
これが本審査の内容です。

全体としては約3週間~1ヶ月で完了となります。
実質3回で2万4000円。
複数申し込めばもっと収入が見込めます。

女性にしか出来ない化粧品モニター。
ぜひ参加してみてください。

社内で副業を始めることがブームとなっています

どうやら社内で副業を始める人が増えているようです。
私の勤めている会社は他の会社と同じく、副業というものを禁止しています。社員が副業に精を出すあまり、会社の業績が落ちるようなことを危惧してのことです。それなのに、今我が社では副業ブームです。休憩時間になると、喫煙所などでそれぞれやっている副業についての報告会が始まります。昨日はいくらいくらの収入を得たなど、また今はこの業界が熱く、お金を稼ぎやすいなどです。あまりにもどの社員もやっているものだから、上も注意する気が削がれているのか、副業をやっているのか…とにかく今の状態が会社にとって良いとは考えられないのです。私自身は会社員の副業をしていません。会社の業績第一と考えて今までやってきましたし、会社員の副業にうつつを抜かしているようでは、クビになると考えていたからです。しかしこうも会社全体の雰囲気として、会社員の副業を容認するような傾向が出てくると、今まで頑なに副業を禁じてきた私も会社員の副業に手を出してしまいたくなります。
この間、この事態について、上司に直談判したところ、上司も会社員の副業を始めていたのでびっくりしました。このままでは会社が潰れてもおかしくありません。もういっそ潰れる会社に居続けるくらいなら、会社を辞めて他の会社に移ることも考えています。まだこの思いは誰にも伝えてはいませんが、伝えたところで今の社内の雰囲気が変わるとも思えません。20年近く勤めてきた私がいなくなることよりも、副業でお金を稼ぐことのほうがみんな大事でしょうから。
今の世の中確かに美味しい儲け話はいっぱいあるかもしれません。ですがそれは本業をないがしろにするほどの価値があるのでしょうか?私はそういったことに詳しくない、いわゆる古いタイプの人間ですので、ついていけていませんが、生まれるのが後10年遅ければ私もそのようになっていたかもしれません。
少しでも社内の雰囲気がよくなることを祈っています。

会社員の副業としてライターの仕事を頑張っている夫

私の夫は今貿易関係の会社で一生懸命仕事してくれています。
特に収入には困っていませんが、夫の趣味のガンダムのプラモデルの代金などを家計から出すのは申し訳ないと思っているらしく、会社員の副業として何かお勧めの仕事はないか聞かれました。
どうやら夫の会社では会社員の副業としていろいろやっている人が多いらしいのです。
私は自分で半分本職として現在ライティングの仕事をしています。会社員の副業として思いつくのは私のようなライティングの仕事かFXや株などの取引かアフィリエイトなどです。
ライティング以外は私はよく知らず、夫もあまりよくわかっていないようなので、ひとまずライティングなら会社員の副業としていいいのではないかと勧めてみました。
夫は文章を書くのも上手で、以前は銀行に勤めていたので、金融や保険などの知識もあります。また、法学部を出ているので、ある程度法律の知識もあります。私はそういう方面は苦手なのですが、夫はそういう知識があるならきっと単価の高い記事が書けるのではないかと思いました。
早速夫にも私が登録しているランサーズなどのクラウドソーシングのサイトに登録してもらうことにしました。
副業といっても本当に仕事に余裕がある時や休みの日などにしかできないので、プロジェクトのような本格的なライティングの仕事は無理ではないかといいます。それなら私のような単発のタスクのような仕事を勧めてみました。タスクの仕事では金融系や法律系の記事は単価が高いので、少ない数でも結構稼げるのではないかと思います。
夫は登録してから空き時間を見つけてちょこちょこ書いているようです。私の予想通り、専門知識が必要な単価の高い記事が書けるので、記事あたりの平均単価は私よりもずっと上です。悔しいなと思いつつ、同じ仕事で頑張れるのはいいことだとも思います。これからも夫に負けないように私も一生懸命ライティングの仕事を頑張っていこうと思っています。

女性向け副業のメールレディとは?

女性向け副業というものを調べてみたら、メールレディというお仕事がありました。私はチャットレディしか聞いたことがなかったのですが、メールレディというものは昔からある女性向け副業なのでしょうか。まだ詳しいことはわからないのですが、チャットレディとは違って、男性とメールをするだけでいいみたいなんですよね。チャットレディをやることは少し抵抗があったのですが、メールレディならば顔や体を出さなくていいみたいなので、私でもできそうな気がしてきました。女性向け副業としては、なかなかよさそうな雰囲気を醸し出しています。でも本当に、メールをするだけでお金を稼ぐことができるんでしょうかね。怖いこととか、男の人とデートしたりするようなことってないんでしょうかね。トラブルに巻き込まれるのは困りますからね。ストーカーのような男の人だったら怖いし、困ります。男の人に実際に会わなきゃいけないとかそういうのもイヤですよね。メールを交換したいだけの男の人っているんでしょうか。ああ、でもそうか。筆談ホステスさんが議員さんに当選して、音声を合成したシステムで答弁するとかってニュースになっていたけど、男の人は筆談ホステスさんみたいな言葉によるコミュニケーションが好きなのかもしれませんね。でもね、出会い系のサクラとかだったりするのかもしれないし、思わせぶりなことを書いて、それで男の人からお金を巻き上げるというような仕事だとしたら嫌だなあ。そういう仕事は、いくらお金のためとはいえしたくないんですよね。私の書いたメールが男の人を励ましたりすることができたり、楽しんでもらえるような仕事だとするならやってみたいかもしれません。メールだけでいいのだったら自宅にいてもできるし、空いた時間を利用してやればいいでしょ。メールなら、すぐに返事できないことがあっても大丈夫なのかもしれませんし、登録料もいらないようだし、ノルマみたいなものもないようだから、いいのかも。

主婦層に人気な在宅ワークの理由とは

在宅ワークは様々な仕事の中でも、とくに主婦層に人気があるということですが、自由な時間で自宅でできるからではないでしょうか。
毎日毎日会社に通わずとも、自宅にいながらに仕事が可能なのが在宅ワークのウリであり、大きな魅力でしょう。
現在ではパソコンやタブレットとインターネットを利用して、自宅で仕事を請け負い、完了したら納品するとうことができるようになったので主婦の方でもかんたんに在宅ワークを始められるのです。
インターネット回線や、パソコンが一般的に広く普及したこと、パソコンの操作、設定が簡単になったことなども主婦層にまで広がった要因ではないでしょうか。
現代の社会では退職の理由に結婚を挙げる人は少なくなってきましたが、出産した後も同じ職場に同じ条件で復職ができるかというと、なかなか難しいでしょう。
とくに小さいお子様がいる方は、フルタイムでの復職は厳しいのではないでしょうか。
保育所、児童所、託児所など、働きながら子育てをできるような施設の数は毎年増えており、働く主婦を助けるようにチカラを入れていますが、地域によっては空きを待っている地域もあるようです。
核家族化、一人っ子化も関連して、自分の子どもがある程度までは、自分で育てたいという人もかなりいるようです。
そのような理由で、結婚するというだけでは会社は辞めないけれども、妊娠、出産をする際には退職する女性は多いようです。
昭和の時代では、家庭内での内職というと小物を組み立てたり、部品に色を塗ったり、包装したりという仕事を請けて報酬をもらうという形が普通でした。
このような内職がなくなったわけではありませんが、ある程度の場所の確保が必要だったり、どんな作業をするかによっては、汚れることもあります。
昨今の在宅ワークのメリットはパソコンとインターネット環境があれば、どこででも仕事が請けられ、個人のスキルによっては高収入もえられるということです。
在宅ワークであれば過去の仕事のノウハウを生かした依頼もこなせるので、子供に手が掛かる時期の主婦に人気のお仕事となっています。

ネット副業といえばネットショッピングですが

ネット副業といえばネットで開くネットショッピングサイトが第一に思い浮かびますが、そんな本格的なものじゃなくていいので、なにか良いものがないか探してみたらいくつかありました。

せどりって良さそうですよね。
古本をブックオフとかで買ってきて、それを転売するって形になるのかな。勝ちの高い本を見極める願力が必要になるでしょうけど、もともと安く買ったものなのでそれほど気負いなく取り組めそうですね。

それに読書が好きなら上手くいえば100円で買った古本を読んでからせどりとして販売すればもっとオトクな気分になりそうですよね。それに読書するので知識も語彙も増えるだろうし、何かと役に立つことが多くなるんじゃないかと思いますね。

他にもDVDとかCDとかゲームとかも指すようですが、やっぱり効率とお宝発見感からすれば古本を発掘する気分で取り組むのが良さそうですね。

結構、広まっていて人気になっている分、競合者もたくさんいてたいへんな気もしますが、やってみたら案外、楽に稼げるようになるかもしれませんね。そうはいっても下調べは必要でしょうから、インターネットで調べてからのほうが無難でしょうか。一応、調べた情報の中にもは古本を数百円で購入し、それが一万円以上でオークションで落札されたという話が乗っていました。すごく夢がありますよね。その本の知識も吸収出来てたらお得感ばっちりじゃないですか。早くもやってみたいなという思いが湧き、魅了されつつありますね。

他のネット副業も色々と調べましたが、せどりほど魅力を感じられるものはなかったですね。実際に取り組んでみれば良かったと思えることがあるかもしれませんが、今のところ見つからないというのが答えですね。

しかしネット副業も当たり前になってきた感じですね。こなれてきたというか。それだけ皆、いっぱい稼ぎたいということでしょうね。だから色々と形を変えてあの手この手で出てくるんでしょうね。

次はどんなネット副業が出てくるのか楽しみです。

在宅ワークをずっと続けていく秘訣とは?

多種多様にある在宅ワークですが、続けていく為の共通の秘訣があります。
秘訣といっても、人間にとって当たり前な、ごく簡単な秘訣です。

【目標金額を設定する】
在宅ワークで1日に1000円稼ぐという目標金額は、決して難しいものではありません。
例としてクラウドソーシングを取り上げてみます。
クラウドソーシングは、今や在宅ワークの中でも、定番の仕事のひとつとなりました。
誰でも好きなときに、気軽に参加できて、ある程度は確実な稼ぎにできます。
プロジェクトやコンペの場合は選ばれる必要がありますが、タスクはすぐに取り組める仕事ばかりです。

毎日のようにクラウドソーシングに本気で取り組む人なら、誰もが一日1000円程度はこなしています。
1日1000円以上を達成すると、1ヶ月で3万円以上に到達する計算になります。
これは十分に生活の足しになる金額と言えます。

1日に2000円以上というのは、クラウドソーシングで成功しているかどうかの目安になります。
月間30日で6万円以上となれば、年間72万円を超えることになります。
物価の安い地域で一人暮らしならば、なんとか暮らしていける金額には達しています。

【適度に休憩を忘れない】
在宅ワークにあまり集中していると、頭や体が疲れてしまいます。
在宅ワークは、休憩しながら続けるのがベストです。
眠くなったら仮眠を取ることで、頭がすっきりとして仕事量を増やすことができ、作業スピードを上げるのに役立ちます。

【無理な仕事にはチャレンジしないことも必要】
人間は誰しも、達成が可能なものと不可能なものがあります。
あえて難しいことにチャレンジするのは、その人にとっては意義のあることです。
チャレンジに成功すれば、自分のレベルも収入も、格段にアップするからです。
でも難しいことだから、やり遂げられる確率は低くなります。
あえてリスクをおかす必要があるのか、時間を使う必要があるのか、よく考えておきましょう。
自分にできる仕事だけを地道にコツコツやっていくのが、収入を上げる一番の近道かもしれないのです。

PAGE TOP ↑