お金がほしいという気持ちが原動力になる

公開日:  最終更新日:2016/05/06

私は現在専業主婦をしています。専業主婦なので、なかなか自分にお金をかけることができず、洋服などを見ても買うことができないので、大好きな百貨店にも行かないに心掛けています。必要最低限のものしか購入しないように意識した生活を送っていると、だんだん「お金がほしい」という感情も薄くなってきます。「今あるお金でなんとかしよう」と思うようになるので、あまり金銭的に余裕がないときは、買い物に行かないようにするのが一番良い方法だと思います。

こんな私ですが、独身時代はかなりの浪費家で、毎月給料をほとんど使い果たしていました。買い物をすればするほど、お金がほしいと感じるようになっていたと思います。よく収入が増えても、出ていくお金も増えるので、結局はお金が貯まらないと言いますが、まさにその通りだと思います。

私が勤めていた会社は、社則がわりとゆるく、副業をしてもメインの仕事に影響がなければ認められていたので、当時は副業もやっていました。土日休みだったので、休みの間だけ短期のバイトをしていたのですが、このおかげで人脈も築くことができましたし、メインの仕事だけでは身につけられなかった資格もとることができました。

「お金がほしい」という欲求は、自分を奮い立てせ、頑張る源になっていると思います。今の私は特にお金が必要と思っていないので、仕事をしなければならない、とか働かないとといった感情があまりなく、実際に働いていません。しかしお金を稼ぎたいと思うようになると、必死で頑張ると思うのです。
副業をしていた頃も、とにかくお金がほしいという気持ちが強く、今の自分からみても、本当に頑張っていたと思います。結婚披露宴のスタッフや学会の手伝いなどのバイトをしていたのですが、披露宴会場のスタッフでは、お金を稼ぐだけでなく、正しいマナーを身に着けることができたりできました。私は事務職をしていたので、接客業を通してスキルアップもできましたし、これはメインの仕事では得られなかったスキルだと思います。

お金を稼ぎたいと思ったら、今の世の中仕事はあふれています。短期で集中して副業で稼ぐことができる仕事もたくさんありますし、ネットなどを利用して簡単にお金を稼ぐこともできます。「お金がほしい」という気持ちを原動力にすれば、人との出会いやスキルアップ、人生を豊かにすることができます。私自身も今後お金が必要になってくると思いますので、そろそろ資格などについて調べていきたいと思っています。お金がほしいなら自ら行動していくべきです。何もしなければ当然、お金は貯まりませんし毎日の生活でお金は出ていく一方です。お金がほしいなら自ら行動していきましょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑