将来のことを考えながらの会社員の副業の重要性

公開日:  最終更新日:2015/06/17

高齢化が進む中で現役世代は、将来の生活を確保するために会社員の副業をして貯金をする事が大切です。将来にかけて高齢者に対する年金の支給額が増加している中で、今の30代から40代の世代は、年金を受け取れない可能性がある事も視野に入れておきます。一方で、今後にかけて国民年金や厚生年金の保険料は上がっていって、バブル期の経済成長がない限り可処分所得は将来に掛けて目減りする事は間違いがないです。
現行の法律では、きちんと納入していれば年金に関して全く受け取れないという事は記載されていないです。しかし、年齢が若ければ若いほど払い損となって、年金だけを頼りにしては今の高齢者のように豊かな生活は期待できないです。
近年は会社員の副業は多様化していて、工夫をすれば空き時間に手軽に収入を得ている仕事が増えています。本業として8時間の労働をしても、減った年金などの保険料を補填するために副収入を得られる会社員の副業は欠かせないです。
パソコンを持っていれば、会社の本業の仕事が終了した後にクラウドソーシングのサイトを利用して、入力の仕事を行う癖をつけることがこれからの時代に必須になるかもしれないです。プログラムなどの専門的な知識を持っていれば、様々なクライアントから仕事の依頼を受けて、本業より多くの収入を得るという意識を持ちます。
時間がある時に知人から仕事の紹介を受けて、自分のペースで出来る仕事を探す事も考えます。数時間程度の会社員の副業で良いので、本業とは別に1日に2千円から3千円程度の仕事を見つけて、月に少なくとも5万円程度の副収入を得られる努力をします。
最近のサラリーマンなどはローンや生活費などにお金を使っていて、貯金をしている人や貯金する額が少なくなっています。高齢になった時、現役世代の時に真面目に年金を納めていても年金を貰えない時代が訪れるという危機感を持つ事が重要です。老後の生活は少なくとも2千万円の貯金が必要なので、働けるうちに働く意志を持ちます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑